NPO法人 栄養医学協会

News & Topics

■ 第35回 女子栄養大学栄養学講座
  エキスパートスクエア 2014

近年、日本人の主食は米飯からパンに転換し、これに伴い魚介類、豆類より肉類の摂取量が増加しました。この伝統食と健康の危機を香川教授が解説し、日本動脈硬化学会の理事長として日本食を第一に推奨する寺本教授と、米食がパン食よりも大脳の発達と知能にとって優れているという東北大学の脳画像研究者野内助教の講演を企画しました。

~食・栄養・健康に関わる専門家のための研修講座~

セミナー情報

開催日時:
2014年7月27日(日)10:00~16:00 昼食付
(講義時間の中に10分程度の質疑応答を含む)
場 所:
女子栄養大学駒込キャンパス
(JR山手線・東京メトロ南北線駒込駅下車徒歩3分)
募集定員:
100名
受講料:
13,000円(テキスト代含む)